でこぼこよみもの

人生、山ばかりでも谷ばかりでもなく…という話

「運動不足」で忍び寄る健康被害について考える

今週のお題「運動不足」

 

今週わたしは日本の広い範囲で甚大な被害を及ぼした大型で最強の台風19号の映像を見て恐怖を感じました。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興をお祈りしています。

 

記事の出だしから「ん? お題は「運動不足」のはずなのに、なんで台風!?」 と、読んでる方はきっとそう思いますよね。

それでは、なぜ台風かというと・・・

テレビから流れる、「河川が決壊」と、いうニュース映像を見て、河川を自分の血管に置き換えて、「もし自分自身に台風近づいてきたとしたら・・・!!」と、考えてしまったからなんです。もしかすると皆さんの中も、きっとそう考えてしまった方がいらっしゃるのではないでしょうか。キャー、怖い(((;゚Д゚)))

  

わたしは若いころから入院といっても整形外科の手術をしたくらいで内科系の入院はしたことがありません。自分は結構丈夫だ!くらいに思っていました。多少の無理もきくし、きっとこのまま元気にいける!と、信じきっていたのです。ところが、今現在50歳を迎えたわたしも体の衰えは痛感しています。 

わたしは長いこと地方の田舎で生活をしていました。近頃、高齢者ドライバー事故でニュースにもなりましたが田舎は都会のような交通網が発達していないため車の移動が必須です。もちろんわたしも移動は車!しかも仕事も座りっぱなしの毎日でした。

 

もう、これだけで「運動不足」決定!ですよね(^^;)

 

現在は関東地方で生活をしています。転居してきた時の感想はまず、都会の人たちは歩くのが速い!!の一言でした。←個人の感想です。「自分はここまで体力が落ちていたのか・・・」と、正直ショックでした。 

そこからまず父に習って一緒にウォーキングを始めたのですが、これまた父が超早いんです!

父は血圧が高くなり、糖尿病予備軍にもなっていたため「薬を飲まずに治すにはどうしたらよいか?」と、医者に聞いてウォーキングを勧められもう20年以上ウォーキングを続けています。

ウォーキングシューズも、もう何十足と穴が開いて「歩いては捨て、歩いては捨て」です。必死に追いつけるようになるまでは結構時間がかかりました。スピードに追い付いてもまだまだ安心できません!父は一日10,000歩!目標ではなくノルマです(^^;) わたしはというとせいぜい5,000歩が限界でした。それはそれは年季が違います。

人生で初めて部活でもなく、体育でもなく、通勤でもなく、散歩でもなくただ歩くことに集中してウォーキングというスポーツ!? を経験しました。単純だけど奥が深い。

すこし続けていくと、体が軽くなった感じもするし心も元気になり、自信がついて何かにチャレンジしたい気分になってきました。(かと言って伊能忠敬のようには歩けませんが(>_<))とにかく歩くってすごい!!とくに準備することなく、どなたでもすぐに始められますし散歩モードでは違った景色を楽しめますね。

 

ところが、元気になったわたしは再度ショックを受けます。

デコさん(夫)と高尾山へ初めて山登りに出かけた時、途中で心臓はバクバクはち切れそうになり、足はガクガクブルブルになってしまいました。わたしよりも遥かに年配の方たちがヒョイヒョイと登って追い抜いて行くのに・・・(泣)

ここまでいくと危機を感じます。

しばらく登山も出来ていませんが、いつか絶対に富士山に登ってみたい!と、デコさんと話しています。富士山に登るにはまだまだ体力も筋力も精神力も鍛えなくてはいけません。

ここしばらく苦しんだ五十肩と最近始めたブログ運営で、またもや運動不足に拍車がかかりそうなので、自分の体と相談しながらまずは準備運動から始めます!そして富士登山が成就した暁には、富士山頂からの眺めとともに記事を投稿したいと思います!

本当に出来るのか!どうなのか! 果たして!!50歳の挑戦は続く・・・。

f:id:dekoboko5050:20191018175618j:plain

待っててね、富士山。

最後までご覧いただきどうもありがとうございました。

これから寒い季節がやってまいります。みなさまどうぞくれぐれもご自愛ください。