でこぼこよみもの

人生、山ばかりでも谷ばかりでもなく…という話

【でこぼこよみもの日曜版 その9】~「最近あったあるニュースについて考えてみた!」&「出張パケ買い!」~

毎週日曜は、凸でこぼこよみもの凹 をもうちょっと楽しんでいただくための【でこぼこよみもの日曜版】 でおじゃまします。

「凸でこぼこよみもの凹」は、ブログ開設から2か月が経ちました。

いつも、でこぼこ夫婦の『でこぼこ話』におつきあいいただきありがとうございます。皆さまの応援が、日々の励みになっています。

先週は、新しい読者さまが多数訪問してくださって感謝の気持ちでいっぱいな”でこぼこ夫婦”でございます。

なかなかゆっくりと御挨拶訪問できず、またまた「時間よ止まれ~♪」的な毎日なのですが、これからもどうぞよろしくお願いします !

 

今日の【でこぼこよみもの日曜版】は、

デコさんがお送りする『デコピニオンの目!』

ボコさんがお送りする『ボコだより』の2本です。

 

 

f:id:dekoboko5050:20191013182416p:plain= デコピニオンの目!=

 こんにちは。「デコピニオンの目!」のコーナーです。

今日は少し長くなりますが、是非お付き合い下さい。 

 

今年の6月に東京・練馬区で元農水省の事務次官だった父親が自宅で当時44歳の引きこもりの長男を刺殺するという痛ましい事件があり、先日の12日に裁判員裁判の第2回目の公判が東京地裁でありました。

 

この事件の数日前に川崎でも引きこもりの中年男性が小学生を殺害し、その直後現場で自殺をしてしまった事件があり、事件を起こした父親もその事件を見て他人事ではないと思ったらしく、事件当日も長男から「殺してやる」と言われ、「殺されると思い、無意識に包丁を取りに行った」「殺していなければ私が殺されていた」と証言し、

また、妻も裁判で証言台に立ち、自分も長男から暴力を受け、顔に青あざが出来たり、肋骨にヒビを入れられ、また、その長男のことが原因で、縁談も消えてしまい絶望した長男の妹が自殺をしたと語ったとニュースで報道されていました。

 

事件の詳しい経緯は割愛いたしますが、私が注目したのは、このような状況にもかかわらず、この父親はこの裁判の中で、

「息子にはつらい人生を送らせてかわいそうに思った」

とも語ったということです。

父親は以前からこの長男のことを気にかけており、本人が一人暮らしをしていた時は月に1回、本人が苦手だった掃除の手伝いをするための訪問していたといい、就職がなかなかできなかった時は積極的に就職口を世話したり、はたまた、アニメが好きだった本人に「生きがいを持たせたい」と思い、コミックマーケットへの出品を勧め、自ら売り子として手伝ったり…と熱心に引きこもりの息子をなんとか立ち直らせようと一人で悩み、努力をしてきた責任感のある「よい父親」に私個人としては感じられました。

 

以前、福井の介護殺人の時もお伝えしたように、このケースでも「一人で問題を抱え込まないこと」がやっぱり一番大事だと改めて思いましたが、実際に事件の背景には相談しようにもできない父親本人や家族の様々な要因や複雑な事情があったように見受けられました。

 

その中の一つの要因は、この父親が非常にまじめな努力家で、様々な課題を自力で解決し結果を残してきた人物であったことが、逆にこういった事件を起こしてしまったのではないかと私には思えてなりませんでした。

 

これを聞いて、おそらく多くの方は「何のこっちゃ?」と首をかしげるかと思います。が、私にはこの父親が人生や仕事のことなど何でも自力でコツコツ解決して、それなりの成果を上げてきた人生だったからこそ、自分の息子の問題は自分で解決しなければならない、できるはずだと自分を鼓舞し、追い込んでいってしまったように思えたのです。

 

介護や引きこもりの支援などは支援する側、される側の各個人、その人間関係、それらを取り巻く環境や時間の流れ、タイミングなどの様々な要因が複雑に絡んでいて、あるケースではうまくいった方法が別の似たようなケースでも同じように通用するとは限らず、原因と結果の因果関係がよく分からないことが多々あります。

 

それを「こうしたからきっとこうなるはずだ」「こうしたのだからそうならないのはおかしい」という原因と結果の因果関係だけで実行し、解決を図ろうとし、それが失敗すると「きっと自分のやり方が悪かったんだ、また自分がこうやればうまくいくはずだ」と、どんどん自分を追い込んでいき、しまいには燃え尽きてしまうことも多々あります。

 

意識や能力が高く、まじめで努力家であるが故に、自力のみに頼ってしまうのかもしれませんが、介護や引きこもりの問題には、対象とする人への愛情だけではなく、それとはまた別の能力や知識・技術が必要ではないかと思います。

どんなに優れた人間でも完璧な人間などはいません。自分にはお手上げだと思ったら、抱え込まずに他者に相談したり、他者の力を借りることが結果的には解決に近づいていくと思います。

 

意識や能力が高く、責任感が強い方への私からの提案は介護・引きこもりで困った時は一人で抱え込まずに他者の力を借りる勇気を持ちましょう! ということです。

 

 少しでもこの事件のような悲劇がこの世の中からなくなりますように、心から願います。 

 

文責  デコピニオン

 

 

f:id:dekoboko5050:20191017194506p:plain

=ボコだより=

 

みなさんこんにちは。ボコです。

いよいよTwitterも超スローペースで開始して、おっかなびっくり「時代のうしろを一歩いく!」感じのボコさんですが、凸でこぼこよみもの凹の広報担当!?としてこちらもゆる~く楽しめたらいいなと思っていますのでどうぞよろしくお願いします<(_ _)>

 

世の中はクリスマスムード一色ですか?どうですか?

わたしは行動範囲が狭いのと、ちょっと忙しかったせいかあまりクリスマスという実感がわかず、今年はクリスマスケーキも注文し忘れてしまいました🎂

そんなわけで、イルミネーションスポットなどを紹介してくれているブログを見て、クリスマスムードのキラキラを楽しませていただいてます✨

 

クリスマスケーキの替わりというわけではありませんが、カラフルなパッケージにクリスマス感が出ていたので思わず買ってしまいました!

 

【パケ買い 出張版】

10円あったら・・・? でおなじみ!

 

部活の帰りに駄菓子屋さんでよく買って食べたのを思い出します^^

 

現在はたくさんの種類があって、お値段は少々上がったのかな?

いずれにしてもロングセラー商品ですね♪

 

チロルチョコ発売の歴史は昭和37年に遡り、コーヒーヌガー味で始まりました。

このコーヒーヌガーさんは歯にくっついちゃうんですよね(>_<)

でも、美味しいからまた食べてしまいます(*^^*)

 

これからクリスマスと忘年会、年末年始とイベントが盛り沢山です!

食べ過ぎ飲み過ぎには注意したいところですが、楽しんで過ごしたいですね♪

 

  

今日も、最後までご覧いただきありがとうございました。 

それでは皆さん、今週も素敵な日々をお過ごしください(*^_^*)