でこぼこよみもの

人生、山ばかりでも谷ばかりでもなく…という話

田舎者が感じた「テルマエ・ロマエ」風の衝撃と希望!②

わたしたちは凡そ10年前に東北の田舎から関東に引っ越してきました。

当時はいろいろと大変な時期でもあったのですが、田舎者が都会に出てきて感じたことをちょっと振り返っています。

 

今日は第2回目です。前回の記事はこちら ⇩ 

www.dekoboko5050.com

 

 

目次

 

 

人混みとスピード

https://image.shutterstock.com/image-photo/people-walking-on-zebra-crossing-260nw-577887055.jpg

 

関東の住人になって、人の多さに圧倒されました。

どこに行っても人・人・人で、窒息してしまいそうな感じに思えましたね(笑) 都会の人たちは歩くスピードがすごく速くて、ある意味運動になりましたけど波に乗って歩くことが大変でした。(学生時代のように若い時に上京していれば全然平気なのかもしれません)

 

電車を利用する機会も増えたのですが、満員電車には衝撃でした!!

夫のデコさんも満員電車を利用していた時は、痴漢に間違われないように両手を上にあげて、リュックを前に背負って「バレリーナみたいだよ」と言っていたのを思い出しますが、あの満員電車の中では自分を「無」の状態にしない限り耐えられないと思います。

自分の足で立っている…という状態ではないのですから。 

 

私が通勤で電車を使っていた時は、乗客が多すぎて電車に乗ることすらできず、次発を待つしかないことが続きました。(自力で乗れないくらい満員)

都会の人たちは我慢強いのだなぁと思った記憶があります。何十年も満員電車に揺られて通勤している人を見ると、自分のためでもあるけど、「きっとこの人たちはご家族のためにこの日常があるのだろうな」と考えたりして、心の中で「おつかれさまです」とつぶやいたりしてました。(まるで他人事、この時点で満員電車を利用する気”ゼロ”ですよね(;^_^A)

 

今は満員電車に揺られることなく生活しています。

時々電車に乗った時に見えるきれいな富士山が心に潤いを与えてくれます!

 

 

 

引っ越ししてきて驚いたのは、冬でも蚊が出ること。

そして、ゴキブリΣ(・ω・ノ)ノ!

ゴキブリは、都会にしか出ない…というのを聞いたことがありましたが、本当に引っ越してきて初めて1度だけ実物を見ました!

「おぉ~、都会に住んでるんだ~」と感じた瞬間です(;^_^A 

 

ちなみに、ゴキブリは玉ねぎなどネギ類の匂いが大大大好物なので、キッチンに置く時は注意が必要ですね!!

 

 

 

桜と青空と電線

https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/21/16/43/spring-733507__340.jpg

 関東に移り住んで、一番複雑な心境で眺めた景色が車のシートを倒しながらフロントガラス越しにボーっと見上げた”桜と青空”でした。

その頃わたしはうつ状態で、ぼーっとしていたみたいです。(本人はあまり当時の記憶がありません) 家族は当時のことを「青の時代」と呼びます。

車の助手席に座っていると、大好きな音楽を聴くのも受け付けず、何も話さずにぼーっと前を向いているだけで、言葉を発するのは信号機が変わったことに気づかないでいる時にただ一言「青」と言うのだそうです。

今となっては、そんなだったっけ~?と思うのですが、父も同じことを言うので本当に「青」しか言わなかったのでしょうね。

調子を崩していた頃のことは、断片的に映像として記憶にあります。

それが、この車の中から見た”桜と青空”なのですが、本当の景色はもうひとつ”電線”が加わっています。

 

こんな感じですね。(電線を加えてみました)

f:id:dekoboko5050:20200303150050j:plain

 

その日は青空がとてもキレイな晴れた日で、 桜のピンク色と空の青が感動のコントラストでした。今までの景色と違うのは、そこに電線が何本も通っていて青とピンクを邪魔していたこと…。

「あ~、残念だなぁ。」と、その時の”桜と青空と電線”の景色を見て自分の心の状態を映し出してるかのように思えたことだけはっきりと覚えています。

しばらくして、「青空が狭いところに来てしまったんだ…」という寂しい想いと、「今からここで暮らしていくんだ」という覚悟みたいなものを感じた時期でした。 

 

 

いつも「でこぼこよみもの」をご愛顧いただきありがとうございます。

こんな感じで、田舎から出てきてカルチャーショックを受けながら暮らしてきました。

最近このブログは、私たち夫婦の備忘録というと大袈裟で、どちらかと言うと走馬灯ブログ的な感じになってきています。(まだ死にませんよ(;^_^A)

この「田舎者」シリーズは次回で最終回の予定です。 

 

 お付き合いいただきありがとうございます。

 

 

見たい世界を魅せる! わかりやすくPR!! 

 スポンサーリンク