でこぼこよみもの

人生、山ばかりでも谷ばかりでもなく…という、とある夫婦の話

【緊急事態宣言解除】私が日本人と日本の文化が好きと感じた理由

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/22/05/55/japanese-2667883__340.jpg 

 

緊急事態宣言解除に伴い、あらゆるメディアで「コロナ感染拡大の封じ込めに日本は成功した」という声を見かけるようになりました。

 

今回のコロナウィルスの感染拡大について私なりに感じたことについて少し書きたいと思います。

私自身は海外に行ったことがないため、あくまでもネットで記事を読んだり新聞やテレビで見聞きしたことを基にお伝えすることになりますことをご了承ください。

 

  

「日本モデル」の生活様式 

日本の感染者数・死亡者数が少ない数値であることについての理由を見てみると、

  • ハグ・キスではなくお辞儀をする文化
  • 手を洗う・うがいをする習慣
  • もともとインフルエンザや花粉症でマスクの着用が浸透していた
  • 靴を脱ぐ
  • 湯船に入るという入浴文化

上記のような理由があげられていました。

 

あるコロナ関連の記事で、海外ではマスクが義務化されても「着用しない自由」を行使する多くの外国人がいると記載してあるのが確認できます。

 

「着用しない自由」という言葉を見ると、マスクをするのが当然のこととして受け入れられている現在の多くの日本人とは随分かけ離れた自由だな…と思ってしまいました。

 

 

「靴を脱ぐ」ということ 

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/07/23/17/40/japanese-1537201__340.jpg

 

そして、今回私が関心を寄せたのは「靴を脱ぐ」という文化です。 

靴を履いたまま家の中に入る国では気候や生活様式の違いも大きく関係すると思いますが、靴を脱ぐということ=ネクタイを外すということと同じで「はしたない」ことを意味する場合もあるようです。

本当に、所変われば品変わるではないですが同じ行為でも全然違う意味を持っているということがわかりますね。

 

今回、日本がコロナ感染拡大防止に成功した理由のひとつに「靴を脱ぐ」というものが入っていたことで私は代々受け継がれてきた日本人の文化に改めて感謝しました。

 

今まで幼いころから「家にあがる時は玄関できちんと靴を揃えなさい」とあたり前のように育ってきたし、自分流ではありますが風水を参考に良いとされている玄関を綺麗に保つということ、自分自身も掃除をすると気持ちが晴れやかになるという理由から「玄関」は大切な場所という感覚を持っていました。

 

「靴を脱ぐ」という一つの行為を行うことで、もちろん外からのウィルスの持ち込みを防ぐ効果もあったでしょう。

 

 「日本モデル」の実現は、政府関係者の政策や音頭もあったでしょうが、こういった日本の文化や生活様式という風習、そして法律で罰則を科すことなく、ある意味空気に支配されたともいえる真面目な日本人の国民性がプラスに働いたものだと言えるのではないかと思いました。

 

 

また、今回私はさらに違う側面として、靴を脱ぎ「今から家に入ります」「失礼します」「お邪魔します」といった、人に対してだけではなく、家に対する感謝、正しい礼儀のような日本人独特の奥ゆかしさみたいなものを感じました。

 

そして改めて日本人として生まれたことへの感謝、奇跡ともいえるような畏敬の念をつくづく感じたのでした。

 

 

最後に振り返り思うこと 

最後に、自分なりに今回の緊急事態宣言解除までの一連の流れを振り返って気が付いたことがもうひとつあります。

 

今まで私自身は政治に対してどちらかと言えば無関心でどこか冷めていたというのが事実です。

 

でもこの数か月テレビなどで安倍首相の会見を観ていて、私たち国民のことを「国民の皆さま」というとても丁寧な言葉で呼んでいるということに恥ずかしながら初めて気づきました。(今まで普通に聞き流していました)

 

ところが、「国民の皆さま」と呼ばれてる私たち国民の中には、政治家に対しての物言い、特に安倍首相に対してはもの凄い時があって正直なんとなく申し訳なく感じてしまいました。

 

確かにこのコロナの政策で批判されても仕方のないこともあったでしょう。私も正直マスクは不要ですし、実際にまだ届いていません。

批判される側にももちろん非はあるのだと思います。ですが日本の代表として動いてくださっていることは事実だし、政治家の方々も私たちと同じ人間であり、ひとりの個人でもあることを忘れてはいけないのではないだろうか…と、思いました。

 

私には到底務まる仕事ではないし、総理になりたいとも思いません。

別に自分に仕えてもらっているという意識もなかったですし、第一、私は政治家の人に「ありがとう」という言葉すら言ったことがない。

政治家の人たちって、誰かにありがとうと言われたことあるのかな…。

 

先日も芸能人や女子プロレスラーに対しての誹謗中傷が問題になりました。 

意見する時は人格否定するのではなくて、ある部分には感謝した上で「〇〇はよくないので〇〇してほしい」みたいな要望や、代替案を出して批判できるのであればどんなに建設的で意義のあるものになるのではないかと思ったりもします。理想論かもしれませんが…。

 

でも、コロナ感染第二波、第三波が懸念される今は、足を引っ張ることなく私たち一人ひとりにできることを国民全体で努めていくしかないと思いますし、世界から成功と言われた「日本モデル」の社会規範を持つ私たちならばきっと乗り越えられるだろうとも思っています。 

 

この成功の事実は、私たちは天照大御神を先祖に持つ大家族なのかもしれないという連帯感、そして島国に共同生活を共にする運命共同体のようにも感じられ、日本民族に生まれたことに対してあらためて感謝をする出来事となりました。

 

世界中での新型コロナ感染の収束を願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。